全身脱毛を申し込む際に注意するポイント

全身脱毛を申し込む際に注意するポイント

全身脱毛の対象箇所は、数に関係なく確認しよう

全身脱毛と聞くと、身体中に生えているむだ毛を、全て施術してくれると考えている人が殆どでしょう。ですが、エステサロンによっては、施術対象外の箇所もございますので、契約をする前にしっかりと担当者に確認が必要です。もちろん、カウンセリングの際に、しっかりと担当者が説明をして下さいますが、聞き忘れてしまって契約をしてしまったとなると、後々トラブルのもとになってしまいます。

全身脱毛で施術をしてくれる箇所は、殆どのエステサロンで20箇所以上と、数はとても多いので嬉しいのですが、顔とデリケートゾーンは対象外という所が多いので注意が必要です。
デリケートゾーンのVIO脱毛・ハイジニーナ脱毛はVラインは全身脱毛の対象となっていても、他のIラインやOラインは対象外といったケースや、顔も、鼻下やあごは全身脱毛の対象になっていても、眉毛やおでこは対象外といったケースもあります。
ですので、顔やデリケートゾーンも施術するといっても、何処の箇所を施術してくれるのかというのをきちんと確認しておかなければいけません

とはいえ、全身脱毛を回数関係なく、無制限でできるエステサロンは多くありますので、一気に身体中を綺麗にしたいと考えている人には、大変おすすめです。全身脱毛の対象外の箇所でも、回数券などを購入すればお得に脱毛する事が可能ですので、まずはしっかりとカウンセリングの際に、担当者の話を聞いて、トラブルを起こさないように脱毛が出来るようにしましょう。

全身脱毛で一日にできる部位

脱毛を行うのであれば、なるべく通う回数を少なく、効率的に一度にたくさんの部位の脱毛を行いたい、と考える人は多いでしょう。では、全身脱毛をする際に一日にできる部位はどのくらいでしょうか。一般的なレーザー脱毛の部位は、上半身が両ひじ上、両ひじ下、両ワキ、胸、お腹、乳輪回り、へそ周り、手の甲・指、下半身が、両ひざ下、両ひざ上、両ひざ、脚の指・甲、背中、腰、ヒップ、デリケートゾーンなどです。サロンによって細かい区分は違いますが、これらのボディの脱毛以外に顔などを加えて全ての部位となるところが多いようです。

最近の多くのレーザー脱毛サロンでは、一度にレーザーを照射できる範囲も広くなってきているため一日でほぼ全ての部位を脱毛することが可能です。そのため、全身脱毛を行う際でも三カ月に一回程度通うだけですむという場合も多くなっています。通う回数が少ないのは、忙しい人にとって魅力の一つです。

しかし、一度に全身脱毛を行うとなるとその分時間はかかります。全ての施術に数時間かかるということもあるようです。そこまでの時間が取れないという人は、上半身と下半身を別の日に行うなど、自分の都合に合わせて無理のない方法で通うことが大切です。
また、施術中は裸に近い格好のため、全身脱毛で施術時間が延びると寒さを強く感じる人もいます。季節や、体調を考えることも必要です。メリットとデメリットをよく考え、自分にとって負担がなく通いやすいスタイルを見つけることが重要です。